FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMホテルにて…

SMホテルの部屋…

鉄柱に吊された革の椅子の上で、裸にされ、拘束衣から絞り出された乳房を天井に向けて高く突き出し、手枷をされ、股を大きく開かされた

オマンコが淫液で濡れ出す


「みっともない格好だな」

ご主人さまが仰った


私は思わず鏡を探す

そんな自分の姿を見たいと思った自分自身に驚いた

ゆらゆら揺れるハンモックのような椅子の上で、私はご主人さまの性処理の「道具」になる


「こんな身体にされて…
お前は男の性処理の為だけにこんな身体にされたんだぞ」

「はい…」


私のつま先からジワジワと例えようのない快感が這い上がってくる


ご主人さまのチンポに貫かれ、椅子の揺れとご主人さまの動きと言葉が、私を激しい快楽へ墜として行く


絶えることなく押し寄せる肉の快感と、被虐感に陶酔した心の快感で、壊れそうだった


私は喘ぎながら、ご主人さまの瞳を覗き込む…


ご主人さまの瞳は、深くて暗くて、私はその眼差しに身体が震えた


ご主人さま

ご主人さま

助けてください


私は壊れてしまいます

壊れる…


揺れて壊れて逝ってしまう…



ご主人さまの瞳に必死で訴えかけながら、ご主人さまの感情を読み取ろうとしたけれど、
ご主人さまの瞳の中に、私の快楽に悶え狂うあられもない姿態が吸い込まれて行くだけだった


ゾクゾクするほど気持ちがいい


苦しいほど気持ちがいい


オマンコは潮を噴き、血を滴らせて快楽に踊り狂う



やがて…


ご主人さまが射精して下さった精液をポタポタと床に垂れ流しながら、まだ尚、痙攣していた

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

有羽も歩行(BlogPet) | BLOG TOP | ドキドキ(BlogPet)